一人暮らしに最適!?中目黒が住みやすい3つの秘密

都内で一人暮らしに最適な街といえば、あなたはどこを思い浮かべますか?治安で選ぶなら文京区や中央区、若者に人気の街なら新宿区や渋谷区、女性なら護国寺がいいかな…など、住みやすい街はたくさんありますが、そのどれも叶えられるエリアがあります。それが中目黒です。
今回は、中目黒エリアはなぜ一人暮らしに最適なのか、その理由を3つ紹介します。


住みやすい街中目黒

中目黒エリアが一人暮らしに人気なのはなぜなのでしょうか。東京都内には、中目黒以外にも多くの人が住む人気のエリアが多々あります。

例えば池袋や新宿。観光でも有名な地域ですが、遊びに困らない、生活に困らないという理由から多くの若者に選ばれています。

次に吉祥寺。「都内で住みやすいエリアランキング」常連のエリアで、一人暮らしだけではなくさまざまなタイプの人に人気です。

そして中目黒。中目黒が人気なのはおしゃれで雰囲気がいいという漠然とした理由もあるでしょうが、実際に暮らしてみると驚くほど暮らしやすいというのが一番の理由でしょう。

少し歩けばスーパーがあり、さらに歩けば隠れ家的なお店が見つかる。有名人にも人気のエリアですから、隠れた名店を訪れたら常連の有名人と鉢合った!なんて嬉しいサプライズもあるでしょう。

洗練された中目黒で暮らしていると、生活も自然とおしゃれになりそうですよね。

中目黒エリアの特徴とは?

目黒区の中でもダントツの人気の中目黒エリア。目黒区の他のエリアとはどのような違いがあるのでしょうか。

中目黒に並んで人気のエリアには、祐天寺、目黒、自由が丘、学芸大学などがあります。それぞれに住む人は、「祐天寺はとても静かで過ごしやすいけれど、少し田舎っぽい」「目黒は物価が高い」「自由が丘はおしゃれすぎてラフな格好では出かけられない」「学芸大学は治安が気になる」といった意見があるようです。

もちろんそれぞれの街に良い部分もたくさんありますが、トータル的に中目黒が暮らしやすいという意識なのでしょう。目黒区はどのエリアでも家賃が高い傾向にあるため、「それならば治安がよく自然体で暮らしやすい街がいい」という気持ちになるのかもしれません。

中目黒で一人暮らしを勧める3つの秘密

  

ここからは、一人暮らしなら中目黒といわれる3つの秘密について大公開していきます。
これを見ると「中目黒で暮らしたい」という熱が更に高まることでしょう。

・新宿や渋谷へのアクセスが良い

遊びに出るのが楽だから、新宿か渋谷に住みたいな、という方にも中目黒はおすすめです。この2つの地区へのアクセスがとてもいいため、「暮らすときには静かな場所で」「遊びに出るときには最短ルートで」という暮らし方が実現できます。

新宿や渋谷に勤務先がある方も、中目黒ならストレスなく暮らせるでしょう。仕事や学校、遊びだけではなく、日々どのようにして暮らしたいのか考えてみてください。身体を休ませたいときに休ませられるか、という視点も大切です。

・街の雰囲気がおしゃれ

「ここに住んでいるだけでおしゃれになった気がする」かもしれません。なぜなら中目黒エリアは街全体の雰囲気がとってもおしゃれだから。自由が丘のように高級感あふれるおしゃれさというよりは、もっとラフで若者寄りのおしゃれさがあります。

中目黒の洗練された街の雰囲気は、30代からの一人暮らしにもおすすめです。大人が一人で歩いてもどこか様になる街、どこへ行っても楽しめるでしょう。

・治安がいい

中目黒エリアが一人暮らしに適しているのは、治安がいいからです。特に治安に気をつけたいのが女性の一人暮らし。治安の悪い街で暮らそうと思うと、セキュリティ万全なマンションを選ばざるを得ず、良いマンションであれば結局家賃も割高に、なんてこともあります。

さらに、治安の悪い街で暮らすと「夜もおちおち出かけられない」というデメリットが。ちょっとコンビニに行きたい時、残業で帰りが遅くなってしまった時など、治安の悪い街では帰宅までに不安が尽きないこともあるでしょう。

飲み会も本当は2次会まで出たいのに、1次会で帰らざるを得ない、というのも切ないですよね。

治安が悪くても、男性であれば大丈夫ということもありません。犯罪に巻き込まれるときに性別は関係ありませんから、男性であっても強盗やスリといった犯罪から暴力沙汰まで様々な事件に巻き込まれる可能性があります。

男女関係なく体力に自信のない方、過去に犯罪に巻き込まれそうになってトラウマがある方などは、なるべく治安の良い街に暮らすことをおすすめします。

ちなみに、中目黒を含む目黒区は、東京23区内で4番目の治安の良さを誇っています。住宅エリアも多い地区の中でこの治安の良さですから、何かと不安の多い一人暮らしでも安心して暮らせるのではないでしょうか。

中目黒で一人暮らしするときの注意ポイント

最後に、中目黒で一人暮らしをする際の注意ポイントについて見ていきましょう。

・理想のお部屋探しはほどほどに

中目黒エリアは人気の高いエリアですから、家賃も他の地区より高くなりがちです。自分の理想ばかり追い求めていると、家賃が高すぎて予算に見合わない部屋しか見つからないでしょう。

一人暮らしをするならこんな部屋に住みたい!という希望はもちろん大切ですが、全部を叶えるのは難しいかもしれません。ある程度のところで妥協するとお部屋も見つかりやすくなるでしょう。

・どんなに良い間取りでも内覧は必須!

中目黒のマンションだから間違いない!おしゃれに違いない!と決めつけず「必ず」内見をしてください。仕事が忙しいから、勉強が忙しいからと言う理由で内見を疎かにすると、あとで大きな痛手を負う可能性もあります。

また、内見をさっと済ませて「ちゃんと見た」と思い込む方がいますが、部屋の隅々までしっかり確認してください。部屋の外にある共有部分や室外の設備なども確認必須です。

・いいお部屋はすぐに内見予約を!

中目黒のいいお部屋はすぐに埋まってしまいます。「あのとき連絡していれば」という後悔をなくすためにも、いいお部屋、気になるお部屋を見つけたときにはすぐに内見予約をしてください。内見したからといってその部屋を必ず契約しなければいけないということはありません。

実際に見てみると理想と違った、というときには遠慮せずお断りして問題ないのです。安心してどんどん内見していきましょう。

・妥協したくないならマンションを選ぼう

家賃だけで考えると、確かにアパートのほうがコストパフォーマンスに優れています。しかしいざという時、アパートで本当に大丈夫なのでしょうか。

耐震性、防火性、防音性、どれをとってもマンションのほうが優れています。近年増加しているゲリラ豪雨による浸水被害や洪水があっても、コンクリート造のマンションの上層階なら安心です。

木造は火にも水にも弱く、騒音による近隣トラブルにも気をつけなければいけません。ちょっとのお金を出し渋ったばかりに、暮らしにくい部屋を契約してしまった、なんてことがないよう、部屋選びは慎重に行いましょう。

まとめ

中目黒エリアには、一人暮らしに最適な要素が揃っていることがわかりました。洗練された街並みに暮らしやすい適度な喧騒、何より治安の良さは譲れません。

一人暮らししたいけれど、どこのエリアが良いんだろう。迷ったときには中目黒のお部屋を探してみてください。あなたにぴったりなお部屋がきっと見つかりますよ。

ページのトップへ戻る