意外と知らない? 中目黒エリアの賃貸相場徹底解説!

誰もが思わず憧れる、ブランドタウン中目黒。「いつかは中目黒に住みたいな」と考えている方もいるでしょう。ところで、中目黒エリアの賃貸相場をご存知ですか?家賃の相場を知ることで、「思っていたよりも安いからすぐに引っ越ししよう」と決意することができるかもしれません。ここでは、中目黒エリアの賃料相場を詳しく紹介します。

中目黒エリアの概要

富裕層が多く暮らす街、中目黒。さまざまな分野の著名人も多く住んでおり、ハイクラスな街として一般の方からも人気です。東京都内住みたい街ランキングにもランクインしており、注目度も抜群。「中目黒に住んでいます」というだけで、ちょっとした優越感も持てるかもしれませんね。

しかし、人が多く暮らしている分、気になるのが治安のこと。特にこれから1人暮らしをはじめる女性にとっては、治安の良さは住まいを決める重要なポイントになるでしょう。

中目黒エリアの治安は、都内の中でも良い方です。人が多いため駅周辺は深夜でも明るく、駅近くの物件であれば深夜帰宅の恐ろしさも和らぎます。犯罪件数も少なく、公園や自然も多くあり、中目黒は落ち着いて暮らせる街といえるでしょう。

中目黒エリアの賃貸相場

中目黒エリアの家賃相場は、1人暮らし用のアパート・マンションで10万円前後、2人暮らし、世帯の相場で20万円ほどとなっています。都内でも高めの家賃であることがわかりますよね。新しいマンションや駅近くのマンションだと、1Rで15万円を超える高価格エリアもあります。

中目黒のシンボル的存在ナカメアルカスでは、1番安い賃料でも約18万円とかなり高額です。アクセス抜群の立地とはいえ、さすがの中目黒。もう少しお手頃な物件を探すポイントは次のとおりです。

・1人暮らしの場合
1人暮らしで1Rや1DKに住まう場合、賃料の相場は9~10万円ほどとなっています。これはユニットバスの場合で、バス・トイレ別になると11万円近いものがほとんどです。新築・築浅物件がいいという場合には、もう少し高くなってしまうでしょう。

・2LDKの場合

2人暮らしで1LDK~2LDKの物件に住まう場合、相場は18万円ほどとなっています。例えば2人暮らしで家賃を折半すれば1人9万円ですから、1人暮らしも2人暮らしも家賃負担はほとんど変わらないということになります。


・家族向けの場合

家族向けの2LDK~4LDKの物件では、家賃は30万以上からと考えましょう。良いマンションを選ぶと賃料は80万円近くなることもあります。

中目黒には人気の小学校・中学校がありますし、公園も多くお出かけにも困りません。単身者が多く暮らす街といわれていますが、ファミリー層でものんびり暮らすことができるでしょう。


東京23区の家賃相場

  

中目黒の賃料は高めといのは本当なのか、実際に東京23区の家賃相場と比べてみましょう。

東京23区の築20年以内の家賃相場(2018年7月時点)
・葛飾区 6.8万円
・足立区 6.8万円
・江戸川区 7.3万円
・北区 7.5万円
・練馬区 7.5万円
・杉並区 7.5万円
・板橋区 7.5万円
・中野区 7.7万円
・荒川区 8万円
・大田区 8.1万円
・豊島区 8.2万円
・新宿区 8.5万円
・墨田区 8.5万円
・文京区 8.9万円
・世田谷区 9.3万円
・品川区 9.3万円
・江東区 9.5万円
・台東区 9.55万円
・渋谷区 11.2万円
・目黒区 11.9万円
・千代田区 13.70万円
・港区 14.00万円
・中央区 15.30万円

参考:東京23区の家賃相場情報
https://www.chintai.net/rent/list/?prefKey=tokyo&cityCd=13100&prefKey=tokyo&o=2
23区の家賃相場を、安い順から並べてみました。この一覧を見ても、目黒は4番目に賃料の高いエリアであることがわかります。賃料のもっとも低いエリアのおよそ2倍となっていますから、安いエリアから中目黒に引っ越すのには少し勇気がいりそうですね。


中目黒で安い賃貸に住むためには?

このように賃料の高い中目黒でも、安い物件を探すことはできます。通勤・通学の面から中目黒が最適、という方は是非参考にしてみてください。

・中目黒で賃料の安いエリアを探そう

駅から近くても安いエリアを探しているのなら、祐天寺付近がおすすめです。中目黒駅は隣駅となりますが、閑静な住宅となっており静かで治安もよく、賃料も中目黒駅のそばより安めです。特に安心して暮らせるエリアを探している女性にオススメ!


・駅から離れたほうが安いのは中目黒も同じ

いくら家賃が高い地域でも、駅から離れれば離れるほど家賃は安くなります。その分毎日の生活が大変に思えるかもしれませんが、徒歩5分も徒歩10分も、歩いてみるとさほど差は感じられないはずです。それでも、真夏や真冬は距離を感じるかもしれませんね。

あまり駅に近くても騒がしくて落ち着かない方もいるでしょう。駅から離れた静かな場所で、家賃も安く済むなら1石2鳥ですよね。家賃が安くなる目安は徒歩11分以上です。


・木造アパート

鉄筋コンクリートのマンションよりも、木造アパートを選ぶようにしましょう。最安値の物件がいい場合には、築年数も30年以上の物件がおすすめです。

ただし、木造アパートは、鉄筋コンクリートに比べて地震や災害にもともと弱い建物ですから、築年数が古ければ古いほど造りは弱いと考えてください。安さを追い求め過ぎて安全な生活ができないのは辛いことですから、築年数は妥協しすぎないほうが良さそうです。

狙い目は築11年からの物件。大体築20年以内を目安として選ぶと、建物の充実度と賃料のバランスがよくなるでしょう。


・設備や間取りのグレードを下げる

できれば1LDKがいいけれど、家賃が高いから1DKにする、といった風に、すこしだけ妥協することで家賃を安く済ませることができます。流石に1Rまで下げる必要はありませんが、家賃が高すぎるならワンランク下げる意識を持つといいでしょう。

設備にもあまりこだわらないようにしましょう。1Kでも対面キッチンは譲れないから、ユニットバスで我慢しよう。トイレとお風呂別は譲れないから、キッチンは狭くてもいいかな。というように、妥協点を見つけてみましょう。

設備や間取りを妥協するときのポイントは、「全てを諦めない」ということです。全てに妥協してしまうと、暮らしにくく愛着の持てない部屋となってしまいます。

これを妥協したから家賃は安いけど、この部分が気に入っている。毎日の生活がストレスにならないように、一部でもこだわった物件を選ぶことが大切です。



・敷金や礼金のない部屋を選ぼう

全国的に敷金・礼金のない物件が増えてきました。なるべくなら敷金・礼金のない物件を選んで費用を抑えたいところです。中には敷金だけ、という物件もありますし、どうしても見つからない場合には、敷金・礼金がなるべく少ない物件を選んでみましょう。

ただし、敷金のない物件は退去時に多額のクリーニング費用を求められるかもしれません。敷金のない賃貸に暮らす場合には、なるべく室内を汚さない、傷つけないように注意しましょう。

まとめ

中目黒エリアの家賃相場は東京23区内の中でも高く、富裕層が多くいるのも頷ける結果となりました。「そこまで生活に余裕はないけれど、中目黒で暮らしたい!」という方は、家賃を安くするさまざまな方法を試してみてください。

家賃交渉が得意な方は、契約時や更新時に家賃の値下げ交渉を行ってもいいでしょう。交渉ごとが不得意な方は、部屋選びから考え抜き、掘り出し物の物件を見つけられるよう努力してみてください。

中目黒エリアでも安く気に入る物件がきっと見つかるはず。治安もよく暮らしやすい、1人暮らしの女性にも安心な街中目黒で、毎日の生活も充実するかもしれません。

ページのトップへ戻る