マンション賃貸なら中目黒エリアがオススメ!中目黒のメリット・デメリットを教えます

賃貸するならマンションとアパート、どちらがいいのか迷ってしまったこと、ありますよね。「そもそもマンションとアパートにはどのような違いがあるのだろう?」というのも疑問です。

特に中目黒エリアで暮らすなら、アパートよりもマンション賃貸のほうが良さそうです。本記事では、中目黒エリアにある賃貸マンションの特徴についてご紹介します。

中目黒エリアの概要

電車に乗ってちょっと進めば渋谷や都心部に出られる中目黒エリア。都内の主要地域へのアクセスが大変良く、駅前はとても栄えていて、このエリアでは生活に困ることはありません。

リーズナブルなのにガッツリお腹を満たせる飲食店が多く、まさに単身者には夢の街。暮らしやすく落ち着ける環境であると大変人気のエリアです。

お買い物には東急ストア、ライフ、プレッセといった大型スーパーもありますし、ドン・キホーテで激安品を買い込んでも良し。

休日のデートにも困らないおしゃれなカフェや雑貨店も多く立ち並んでおり、毎週末飽きずに過ごすことができるでしょう。

たまにはどこかに出かけたいと言う場合にも、交通アクセスのいい中目黒ならあっという間に目的地に向かうことができます。特に渋谷や代官山でよくお買い物をするという方には絶好のエリアとなるはずです。

マンションとアパートの違いとは?

中目黒のマンション事情を確認する前に、まずはマンションとアパートの違いについてみていきましょう。

・賃貸マンションとアパートは同じ?
マンションもアパートも、日本語ではありませんよね。この2つを日本語に訳すと、どちらも共同住宅・集合住宅という意味になります。つまり、どちらとも大きく見れば同じ共同住宅ということになりますが、細かな点に向けるといくつか違いがあるようです。

・マンションとアパートの違い

実はマンションとアパートには、「これがマンションでこれがアパート!」という明確な定義はありません。ですが、不動産の広告においては構造の違いによってマンションとアパートを区別しています。

マンションは鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造のもの、アパートは木造もしくは軽量鉄骨造、プレハブ造といった具合です。さらに、2階建て以下ならアパート、3階建て以上でマンションと、階数によってわけられることもあります。

いずれも不動産会社が社内規定によって定めていることですので、物件を取り扱う不動産会社が異なればその区別が変わってしまうこともあります。


・アパートなのにマンション?

建物の名称においては、貸主が決めるもののためマンションとアパートの定義がさらにあいまいになっています。みなさんも目にしたことがあるとは思いますが、木造で2階建て以下の古いアパートが「〇〇マンション」という名前になっている、マンションなのに「〇〇アパート」とされているということも稀ではありません。

不動産会社が建築したアパートやマンションの場合には、建物のグレードによって使い分けられていることもあるようです。


・マンションのメリット

それでも、多くの人は「マンションのほうが性能がいい」「暮らしやすい」「高級」というイメージを持っています。不動産の広告で言うところのマンションは鉄筋コンクリート造というのがそのイメージの根本にあるかもしれません。

実際に鉄筋コンクリートのマンションに暮らすと、耐震性や耐火性、防音性に優れているため安心して過ごすことができたという方も多いでしょう。セキュリティが整っている物件も多く、女性の1人暮らしには強い味方です。


・マンションのデメリット

一方で、賃料が高い、駐車場料金が高い、気密性が高すぎて湿気が逃げないといったアパートもあります。家賃以外に共益費や修繕費積み立ても発生するため、総合的なコストはアパートよりもどうしても高くなってしまいます。

中目黒エリアのマンションの特徴

  

マンションはアパートよりも家賃が高く、その分安心して暮らせる建物であることがわかりました。ここからは、実際に中目黒エリアにある賃貸マンションにはどのような特徴があるのか、詳しく解説していきます。

・中目黒駅周辺の家賃相場

中目黒エリアはとても人気のエリアですので、特に駅に近い物件は家賃も割高になっています。それでも都心部で静かに暮らしたい方にとってはお手頃といえるのかもしれません。1人暮らしにちょうどいい1Rや1LDKで、9万円~20万円ほどが相場です。


・中目黒には3つのエリアがある

一口に中目黒エリアといっても、その実エリアは青葉台、東山、上目黒と更に3つに分かれています。

青葉台エリアは中目黒駅の北西に位置し、閑静な住宅街が広がっています。山手通りと旧山手通りに挟まれており、こちらには代官山蔦屋やドン・キホーテといった大型店があり、住環境が整っているエリアだといえるでしょう。

東山エリアは中目黒の西側にあります。こちらには小学校や中学校があるため、家族向けのエリアといえます。防衛省宿舎や国家公務員官舎などもあり、1人暮らしの方にはすこし窮屈な印象があるかもしれません。

上目黒エリアでは、商業地域と住宅地が混ざり合っており、公共機関も多くあることからとても住みやすいエリアであるといえます。ただし、商業施設の近くは少し騒がしいかもしれません


中目黒エリアのオススメスポット

ここからは、これをみたら中目黒に今すぐ住みたくなっちゃうかも?なおすすめスポットをいくつか紹介します。参考にしてみてくださいね。

・中目黒の桜並木

春には絶対にみておきたい、中目黒の桜並木。中目黒駅から徒歩5分の位置にあり、お花見シーズンには屋台も立ち並びます。中目黒駅で通勤を始めたら、美しい桜を目にする機会も増えるかもしれませんね。そしてこの桜並木、冬にはイルミネーションで着飾り冬の夜を色とりどりの光で包んでくれます。輝くイルミネーションは一見の価値ありです。


・寺社仏閣が多い

ヤマトタケルの霊が舞い降りたという大鳥神社、歴史を感じさせるお寺の数々。日本らしい風景と自然が多い中目黒は、日々の喧騒を忘れられる癒しのスポットが多いという特徴があります。休日には神社やお寺に訪れて、パワーを充填してみてはいかがでしょうか。


・グルメもいっぱい

中目黒駅から徒歩40秒!の「SaCURA 中目黒」は、ムーディな雰囲気ただよう鳥料理のお店です。熊本の幻の地鶏天草大王を使用した鳥料理に馬刺しや牛たんも楽しめます。店内は半個室でのんびりできるのもポイント。

カウンターがメインの隠れ家的オイスターバーも、中目黒駅から徒歩1分という好立地。「中目黒 牡蠣入レ時」では、牡蠣を始めとした海鮮料理を心ゆくまで楽しめます。アットホームなお店ですので、ついつい通ってしまうかも。

ほかにもまだまだいいお店がたくさんありますので、通いつめてお気に入りのお店を見つけてくださいね。


まとめ

中目黒エリアの特徴やマンション事情についてみていきました。マンションはアパートよりも家賃が高いというデメリットはありながらも、安心して暮らせるという利点もあります。

1人暮らしの方が多く、ハイセンスでおしゃれな街の中目黒では、飲食店、観光スポット、パワースポットも点在しています。

「今日はどこのお店へ行こう?」「次の休日はどこへ散歩に行こうかな。」毎日ワクワクしながら暮らせる街、中目黒のマンションで毎日を素敵に彩ってみませんか?


ページのトップへ戻る