『空間』の使い方で住みやすさが変わる

ワンルームは圧倒的に空間に限りがあるのが難点。
注意していないと、あっという間に物で溢れかえってしまうことも!
​しかし、さまざまな工夫により、ある程度の不便は克服することができます。
今回は、ワンルームの基礎知識第2弾!「空間の使い方」のご紹介です。

 

壁面収納を作ろう!
何かと収納が不足しがちなワンルームマンション。
壁も立派な収納スペースになります。
ディアウォールメッシュパーテーションなどを使のがおススメ。
日用雑貨・小物を収納すると細かい物の収納にもディスプレイにも便利。
災害時に備えて、しっかりと固定できるアイテムを選びましょう。


空間を仕切ってメリハリをつけよう!
玄関ドアを開けたら部屋の中が丸見えになってしまうことも多いワンルーム。
ベッド周りだけカーテンや天蓋で目隠。
おしゃれなカフェカーテンや暖簾で玄関スペースと居住空間を仕切る
生活にメリハリをつけられるほか、プライバシーを確保することもできます。

 

地面に物を置かない!
ちょっとした物でも床に直置きしてしまうと、空間を狭く見せてしまいます。
そもそも持ち物の質や量を吟味することが重要ですけど・・・。
物を出しっ放しにしない努力も必要です。
収納家具に収まるだけしか物を持たないなどの意識づけも効果的。

 

より快適にする神グッズ5選

狭い!収納がない!と嘆くよりも、その限られた空間で工夫を楽しむことが一番!
ここでは、ワンルーム生活を快適にするおすすめのグッズを5つご紹介します。

 

■パーテーション
間仕切りや衝立を表すパーテーションは、空間の有効利用の代表的アイテム。
薄くても突っ張り棒タイプでしっかり固定できる商品がいろいろ出ています。
おしゃれに加工すれば、お部屋の利便性とともにインテリア性も高めることが可能。

 

■オープンラック
オープンラックとは側面や背面がなく、前後左右から物の取り出しができる棚のこと。
キッチン側からもリビング側からも物が取り出せる。
目隠しの機能も果たしてくれます。
奥行きが薄いタイプなら狭いお部屋でもOK。

 

■布団・敷布団
ベッドだけで空間がいっぱいになってしまうこともあるのがワンルーム。
ベッドを置かないだけでも使える空間がグンと広がります。
収納のついたソファベッドを置いて、中に布団をしまうという手もアリ!

 

■ディアウォール
壁に添わせて突っ張り棒などで固定するタイプの収納グッズ。
奥行きが薄く棚状になったものなので、本や雑貨などを見せながら収納できます。
賃貸は原状回復義務があるため、クギなどの使用は厳禁。
突っ張り棒タイプを使いましょう。

 

■伸縮式ポール
衣類の収納場所に困る場合に便利なのが収納ポールです。
伸縮タイプで、壁から壁へ渡してハンガーラックのように使用することができます。
二本並べて窓際に設置し片方をカーテンレール代わりに。
内側の一本をハンガー用とすることも可能。
また、そのような専用グッズも市販されています。

 

まとめ

ワンルーム生活を快適にするコツ・グッズを紹介しました。
お役に立つことはできたでしょうか?
工夫一つで思ってたより広い空間が確保できるので、試してみてくださいね。

 

 

▼初めての部屋探し▼

2020.03.23(月)

会社概要

株式会社アンビション・エージェンシー

東京都 渋谷区 神宮前2丁目34-17
住友不動産原宿ビル 16F
副都心線『北参道駅』徒歩5分、JR線『原宿駅』徒歩8分
国土交通大臣 (1) 第9692号

フリーダイアル : 0120-964-572
TEL : 03-6439-8928
FAX : 03-6439-8921
営業時間 : 10:30~19:00
定休日 : 年末年始

35.674011 139.707812

東京都内・神奈川・埼玉・千葉の賃貸マンションならアンビション・エージェンシーに是非お任せ下さい。
銀座・高田馬場・中目黒・東大宮に展開しており、東京都内・神奈川・埼玉・千葉のほぼ全ての物件を取り扱う事ができます。
また、グループ内にて19,462戸超の管理物件を保有しており、他の不動産会社では、取り扱う事の出来ない当社独自の、デザイナーズマンションなどもご紹介可能となっております。